メイクアップの基本を学びたい方へ!理論で分かりやすく解説します

メイクって自己流でやる方も多いと思います。でも基本的な知識を知っているだけで、自分に合わないコスメを間違えて買ってしまったり、流行に合わせて買ってみたは良いものの、なんかしっくりこなかったり、もっとメイクを楽しみたい方は基本をまず知る事が本当にオススメです。基本がある程度わかれば、自分で商品を選ぶ際の選択肢が変わってくるので・・・では学んでいきましょう!!

メイクアップのアイテム「ベース編」

化粧下地・・・化粧のりや化粧もちをよくする

ファンデーション・・・肌の欠点をカバーし、肌の色をより美しく見せる

フェイスパウダー・・・ファンデーションの艶を抑えて自然な肌の色にしてくれる

メイクアップのアイテム「ポイントメイク編」

  1. アイライナー・・・目元をくっきりと引き立てる
  2. アイシャドウ・・・目元を印象的に見せる
  3. マスカラ・・・まつげを濃く見せ、目元に深みを与える
  4. アイブロウ・・・眉を整え、顔を引き立たせる。きちんとした印象を与える
  5. 口紅・・・口元を魅力的に見せる
  6. チーク・・・頬に色味をプラスし、肌を明るく健康的に見せる

ファンデーションは顔全体に均一に伸ばすべき?

これは意外とやりがちなNG集の一つ!!

塗る場所によってつける量を変えてあげるのがオススメ!!

特に皮脂の量が多いTゾーンや皮膚が良く動く口の周り、目の周りなどはファンデーションを薄くつけてあげると化粧崩れが防げます

肌トラブルが起きやすい頬は厚めにカバーするのがポイントです

化粧下地の役割はこちら

ファンデーションと肌の接着剤的存在なんです。肌になじむスキンケアとは違い、肌表面の毛穴や凸凹などを滑らかに整えてくれます。ファンデーションの密着力を高めてくれて、化粧もちもアップしてくれるアイテムです!!

これはマストで使いましょう!!

自分に似合う色の見つけ方・パーソナルカラーを知ろう

人にはその人が持つイメージや肌の色、髪色でブルーベースとイエローベースにわけられます。自分にあった色を選びができれば、カラフルな色味でも顔色が浮かずに使用できるので自分に似合う色を知りましょう

ブルーベースの方に多いポイントです

  • 日に焼けると肌が赤くなる
  • 幼少期の色は色白に近い
  • 白髪がある方はその白髪がシルバーっぽい
  • 黒髪のままが落ち着く
  • 目の色は黒色に近い(写真を撮った際に目が光らない)
  • グレーとブラウンならグレーが似合う
  • イメージが爽やか(クール。知的。エレガント)

イエローベースの方に多いポイント

  • 日に焼けるとすぐに黒くなる
  • 幼少期の色は地黒に近い
  • 白髪がある方はその白髪がクリームっぽい
  • 茶色のカラーリングが落ち着く
  • 目の色は茶色に近い(写真撮った際に目が赤く光る)
  • グレーとブラウンならブラウンが似合う
  • イメージは社交的(キュート。親しみやすい)

この項目に当てはまるのが、半分半分ぐらいの方はカラーベースがミックスしたタイプの人になります

メイク用のスポンジ、ブラシの洗うタイミングはズバリ!!

スポンジは一度使用した所は毎回洗浄しましょう!!

ブラシ類は3ヶ月を目安に専用のクリーナーで洗いましょう!!

メイク汚れが残ってしまうスポンジやブラシは雑菌がとても繁殖しやすい状況になっています。

スポンジ類は一度に使用する際に片面半分に限定して使うと、トータルで4回使用でき洗う回数も減らせるので、スポンジが長持ちします

ブラシ類は洗いすぎると毛が痛みやすいので、使用後はティッシュで拭き

汚れが落ちずらくなってきたら専用のクリーナーを使い洗浄しましょう

化粧くずれの対処法はコチラ!!

  1. 皮脂による崩れのケース

皮脂腺が多い部分は皮脂でべたつき、崩れやすい・・・Tゾーンや小鼻のわき、あご

対処・・・収れん化粧水などで皮脂抑制!化粧直しをこまめに!パール系の強いアイテムを控える!テカリが際立つので

  1. 乾燥による崩れのケース

肌が乾いて、ファンデーションがバサバサに崩れる・・・目や口の周り

対処・・・スキンケアで油分をしっかり補う!日中の保湿ケア

  1. 表情の動きによる崩れのケース

表情の変化や会話、咀嚼などによって顔の表情筋が動くので化粧が崩れる

・・・ほうれい線、眉感、額、目尻

対処・・・密着力の高いメイクアイテムを選ぶ!厚塗りにならないようにする

今回の基本の知識はここまで!!意外と知らない事や良く雑誌にも書いてある基本の知識なので、ぜひ頭に入れときましょう!

また基本の記事をどんどん書いていきます!応用編も楽しみにしていてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

南青山「KIND」美容師 理容師 美容の勉強をしていく中で化粧品などのありふれた情報に疑問を持ち適切なケアと正しい知識を伝える事でお客様に喜んで頂ける事にやり甲斐を感じブログで情報を発信してます 化粧品検定1級取得