「目力づくりで好感の持てる第一印象」アイメイクアップの基本

皆さんは人と初めて会った時の「第一印象」が何秒で決まるかご存知でしょうか?

なんと・・・「3〜5秒」なんです!これは早いですね・・・

「メラビアン」の法則というあまり聞きなれない法則が関係しているそうです

この法則だと「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」から決まります

私も仕事柄、初対面の方と会うことが多いので、気をつけたいところ・・・

まあ第一印象が全てではないですが、悪いより良い方が誰でも嬉しいですよね、

「この第一印象で人が最初に見るのが「見た目」ではないでしょうか、そう視覚ですまずこの見た目で好感が持てれば、ひとまず安心です!

私もそうですが、まず初対面の方と会うときは最初に顔を見ますよね、そして髪にいき全体を見る流れが一般ではないでしょうか?

ここでいう「顔」を深掘りするとやはり「目」を一番最初に見る方が多いのではないでしょうか?

顔の中でも「目」の印象はとても大きいです。今日はその目「アイメイクアップ化粧品」の基本について書いていきます。

アイメイクアップ化粧品の種類

アイメイクアップ化粧品の種類は大きく分けて4つです!

「アイライナー」「マスカラ」「アイシャドー」「アイブロー」

目に近いところなので、安全性の優しい順に左から並べるとコチラ

アイブロー(眉墨)<アイシャドー<マスカラ&アイライナー

目の粘膜に近い物ほど、安全性が厳しいということですね!

  • 豆知識 安全性について

アイメイクアップ用顔料には配合できる材料が決まってるんですよ

主に酸化鉄(黒色・赤色・黄色)

体質顔料(タルク・カオリン)

無機顔料(群青・カーボンブラック)

安全性の高い天然色素や厚生労働省が化粧品として許可した物であれば、配合

可能なんです!!

海外向けの製品では、その国や地域の規制を受けるんです。国によってルールは様々・・・

アイメイクアップ化粧品は、目に入ることもあるので製品の微生物による汚染対策を注意しないといけません。

水系のアイライナーやマスカラ、使用した後に容器に入れるタイプのものは目に見えない菌が繁殖しやすいので、防腐剤を配合した処方になってるんです!

怖いですね・・・

アイシャドウを選ぶ際のポイント

  • ぼかしやすく密着性があること
  • 色変化がないこと
  • 塗膜が油光していないこと
  • 塗膜が汗で滲まず、化粧もちが良いこと
  • 目の周囲なので安全性が高いこと

アイライナーを選ぶ際のポイント

  • 刺激がないこと、目に縁につけるので!!
  • 乾きが速いこと!
  • ラインが描きやすい形であること!
  • 皮膜に柔軟性があること!
  • 塗った際の仕上がりが綺麗なこと!
  • 化粧もちがよく、剥がれたり、滲んだり、ひび割れを起こさないこと!
  • 汗や涙で落ちてこないこと!
  • 顔料の沈降や分離がないこと!
  • 微生物汚染がないこと」!

マスカラを選ぶ際のポイント

  • 目の周りにつけるので、刺激がないもの
  • 均一につきまつげを固めたりダマになってつかないこと
  • まつげを濃く長く見せれるもの
  • 適度な艶があること
  • 化粧落としが簡単であること
  • 経日使用で使いにくくならないこと

アイブロウを選ぶ際のポイント

  • 肌にソフトタッチで均一につくこと
  • 鮮明な細かい線が描けること
  • 持続性が高く化粧崩れしずらいもの
  • 安定性が高く。発汗・発粉がなくおれや崩れがないこと
  • 安全性の高いもの

アイメイクで本当に雰囲気や気持ちは変わります!!

ぜひアイメイクの基本を知りいつもとは違うメイクに

挑戦してみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

南青山「KIND」美容師 理容師 美容の勉強をしていく中で化粧品などのありふれた情報に疑問を持ち適切なケアと正しい知識を伝える事でお客様に喜んで頂ける事にやり甲斐を感じブログで情報を発信してます 化粧品検定1級取得