素肌美人への必須基本アイテムスキンヘア化粧品ご存知ですか?

素肌美人・・・憧れますよね、すっぴんに自信がつけば普段のメイクも変わってくるはずです  継続と努力あるのみです

先ずスキンケア化粧品の仕組みを知ることから、「素肌美人への先ず一歩です」

スキンケア化粧品の主な構成成分

  1. 訴求成分
  2. 基本成分(基剤)
  3. 品質保持を目的とした成分

1訴求成分とは肌の悩みである(乾燥、シミ、しわ、ニキビなど)に対し、

コラーゲン、セラミドなどのの効能と効果を発揮させてくれる、なくてはならないものなんです!!

2基本成分(基剤)とは「化粧品の骨格」を作るとても重要な成分なんです

基本成分には「油性成分」「水溶性成分」この2つを混合する為の「界面活性剤」が含まれます。 化粧品の基本の成分ですね!!

3品質保持を目的とした成分とは、訴求成分や基本成分以外の成分で、製品の安全生や品質を保つ為の成分です。有名どころだと・・・酸化防止剤や防腐剤があります!!

以外とシンプルなんだと思いますよね!!

<クレンジングの種類>

クレンジング力が強いタイプはこちら

  • オイル状(クレンジングオイル)主成分が油で界面活性剤が混ざっているので洗い流しの時にメイク剤と乳化し落として行きます。

クレンジング力が普通〜やや強めはこちら

  • ジェル状(クレンジングジェル)(油系)クレンジング力は高いです、乳化と液晶でジェル状にしたものなんです!!

クレンジング力が普通か弱いものはこちら

  • 水系ジェル(クレンジングジェル)水溶性のジェルタイプで洗浄力は弱く、使用後はさっぱりとします。油が少ないので、界面活性剤が多めに入っています
  • クリーム・ペースト状(クレンジングクリーム)
  • 乳液状(クレンジングミルク)クレンジングクリームよりも水分が多いので、使用感がさっぱりしますよ!!
  • 液体のクレンジングまたはクレンジングシート 液状タイプはコットンに含ませて使用するのがおすすめ、物理的にふきとるので効果がプラスされるんですよ!肌の摩擦でダメージを与えないように注意してくださいね!

豆知識

水系ジェルと油系ジェルの見分け方がこちら

「水系ジェルタイプ」

オイルフリー表示ありだと水系!!

オイルフリー表示なし→成分表示の一番上が「水」か「界面活性剤」の場合

「水系ジェル」オイルイン

オイルフリー表示なし→成分表示の上が「水」か「界面活性剤」でなければオイルインです

「油系ジェル」

オイルフリー表示なし→成分表示の一番上が「油性成分」であれば油系ジェルです

これは日常のお買い物に使えるので、購入する際は一度商品の裏側を

拝見してみてはどうでしょうか!!

スキンケアの基本が分かれば、商品を選ぶ時もちょっぴり楽しくなりますよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

表参道「kind」美容師 ミディアム ロングヘアはお任せ下さい。カウンセリングでの毛質診断により、お客様の髪質に合わせた施術とお客様とヘアスタイルを一緒に綺麗にしていくパーソナル美容師として定評があります。